意外に奥が深い、割り箸デッポウを作った!

スポンサードリンク

意外に奥が深い、割り箸デッポウを作った!

先日我が家に突然の割り箸デッポウブームがやって来ました。
そう言えば昭和のある日、私も作ったな~。
今ではこんなのは

昔遊び

として、かなりの古典の部類に入っちゃうのでしょうか(^-^;

どこで聞きかじってきたのかな??

塾から帰宅するなり

遥香「パソコン使っていい??割り箸デッポウの作り方を調べたいの」

だそう。
理由は「うーん、何となく」と言うことで、単に説明するのが面倒に違いない!

潤沢な工作の材料

いつ何時小学校から持ち物としての指示があるかわからないので、我が家では常に工作系の材料は在庫を持っています。

共働きの我が家、職場も自宅から遠いので、帰宅するなり「明日持ってきて下さい」攻撃には弱いんです。
今までのミッションの例は…

・ドングリや松ぼっくり→どこに落ちてんの??
・ケチャップかマヨネーズの空容器→そうそう空かないよね?
・ミカン箱→そもそもミカン箱ってさぁ。最近はAmazonよ!
・オレンジ色などの蛍光色の無地のTシャツ→着ないよね?
・不要な毛皮などの服を→本気であると思ってる?

そりゃまあ、絶対持ってきてと言うわけではないけど、子供は持っていきたいですよね?
上の極端な例はさておき、割り箸や輪ゴムなどは常にある状態ですよ。

割り箸デッポウの製作方法の検索

材料は簡単。
後は作り方を調べるだけ~。

生憎母も父も作り方は知らない、忘れた?なので、自分で検索していました。
最近の子はしっかりパソコン指導を受けているので、使いこなすわ~

子供のインターネット利用についての記事はこちら。

自宅のインターネット回線、子供利用に際しての対策!

適当なサイトを見つけたらしい。

高学年にもなると、自分でどんどん進めてくれて、楽チンですね♪

あっという間にそれっぽいものが出来上がってきました。

下の子達も真似し作り始めました。
隼は「難しいから違うのにした」と、潔し。

のぞみは、「絶対外れない輪ゴム」とか。
てか、早々に飽きたな。

リーズナブルな暇潰しでした。
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA