小4 求められる読解力の確認方法。

スポンサードリンク

全てにおいて必要な’読解力’

「読解力」一言で言うのは簡単ですが、なかなか深いですよね。
読解力は全ての教科において、必要な力ですよね。
いくら計算が早かったとしても、質問の意図がわからなければ、答えが出せません。

親であれば、我が子の読解力のレベル、何となく分かりますよね。
たまに、子供の勉強を見ていると、

「ママ、これわかんなーい」

と呼ばれ、問題を理解できていないことに愕然とします(^-^;

小4に求められる読解力の、レベルとは?!

我が家の長女、遥香は小4ですが、小4レベルで必要な読解力ってどんなものでしょうか?
これを確認する、簡単な方法があるのです。

例えば…

男の子であれば、プラモデルを箱ごとポンっと渡してみる。
作ってみな、と。
プラモデルの説明書は、最も単純な説明書なんです。
一人で説明書を読み、指示された内容を理解し、それを実行できているか?

また、女のお子さんであれば、料理本をポンっと渡してみる。
計量が必要なレシピであれば、単位についての理解も深められますね。

※料理は包丁や火を使うので、やはりある程度の年齢や、見守りが必要です。

料理、今まで力を入れ過ぎていたと反省

私、今まであまり料理を子供たちに手伝わせていませんでした。
会社から帰宅して、お迎え行って、そしたら速攻で夕食の準備。
平日なんて手伝わせたら余計に大変!
もたもたしていたら回せない!
そんな毎日の繰り返し。

それでも、料理も教えなきゃ!と、親子料理教室へ行ったり、休日は段取りを考えて料理を教える準備をしたり。

子供に任せっきりだと私が目標とした出来上がりにならないのが嫌だ、と言う思いもありました。
私自身が完璧な仕上がりを達成したかったんです。

けれど、私も歳を取り、料理にも手抜きをするようになり(^-^;

…なんか、そこまで気合いを入れなくても大丈夫かな~、と要約割りきれてきました。
長男の隼は元々食物卯アレルギーがあり、結構体も弱かったのが、最近は強くなり、何でも食べられるようになってきた事もあるかもしれません。

敢えて丸投げしてみた

ある日の休日、遥香に

母「じゃあカレーの♪箱の裏に書いてあるから、適当にカレー作っといて」

と、いきなり投げてみたんです。

遥香「はーい」

と、喜んで作り始めました。
いつのまにか、野菜は何となく猫の手でカットできるようになってるし、油も注げてるし、

それに、箱の裏のカレーの作り方をみてちゃんとやってました。

この後、私は用事があって、夫に見守らせて出掛けてしまいました。

帰宅すると…

ちゃーんとカレーが出来上がってましたよ♪
この調子でこれからもやっていこうと思います。

ではでは。
にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA