長女の英語ドリルを購入&2020年に向けて英語教育を悩み中。

小4の長女、小学校でも簡単な英語の授業があります。
その中で去年はアルファベットを習っていましたが、今は簡単な英単語になったようです。
ワーク好きな長女、英語のワークが欲しいと言うので、こんな物を購入しました。

以前本屋で中身を確認し、判り易そうなレイアウトと、CDも付いているので自分で学びやすいかな、と思って。
ひとつ前の、フォニックス・アルファベット版は以前購入しています。


そこで、出てきたのが「CD再生するのが面倒」という長女の感想。
我が家にはCDプレイヤーがありますが、持ち運びするにはちょっと面倒なサイズ。
設置場所も、普段勉強をしているテーブルからちょっと距離があるのでで、一時停止して、再生して、と言うのが手間なのですよね。

最近はCDはほとんど聞かず、音楽類はスマホやAIスピーカーから聞いているので、今更CDプレイヤーを買うのはどうだろう??と思ったのですが、このくらいのお値段なら買っても良いかな。

ちょっと考えてみます。

2020年からの小学生英語教育改革に向けて、既に中学生になる長女は(まあ)置いておいて、まさに高学年になる次女と、長男の英語教育について最近よく考えています。
英語の事業が必修化は基本とし、高学年では英語の成績がつけられるようになります。
普段から「英語を習いたい」と言っているのですが、良い教室が見つからず、待たせている状態です。

自宅学習としては、今やっているスマイルゼミのタブレット学習活用や、長女のようにドリルと言う手もあるのですが、やはりそれでは足りないと私は思っています。
私自身が英語を教えられるわけでは無いので、プロに教えてもらいたい。
でも、「英会話教室」では無いな、と感じています。

低学年の今は、いくつか資料を請求したり調べてみたのですが、私のイメージと合う物が無いのですよね。
それに、英語関連の教室はお値段も高い高い・・・。

今年度小3になる次女、何かしら見つけたいと思います。
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA