学童父母会 ~会長になった経緯~

スポンサードリンク

本日から4月です。新しい年度の始まりですね。
我が家は末っ子の隼が就学となり、週明けからはさっそく学童へ通います。

昨年度、遥香がお世話になっている学童の父母会で、会長職を務めさせて頂きました。
もうすぐ総会が開催予定で、ようやく終了です。
過去の記事はこちら

学童ってありがたい&学童父母会について思う

遥香の学童では、父母会役員は3年生の父兄が担うことになっています。
1、2年生の父兄には一役をお願いすることになっています。
次年度の役員は、前年度の年末に現職の役員で決めることになっており、一応何が良いか第1、第2希望のアンケートがあります。
遥香が2年の年末、やはりアンケートが回ってきました。
以前に保育所の父母会会長をやったことがあったので、誰も居ないのなら良いかな、という気持ちで

「どなたもいらっしゃらなければ会長で良いです」

と備考欄に書いたところ、非常ーーーーーにありがたがられ、見事即当選?したのです。

どうやら後で知りましたが、会長職を希望する人は毎年居ないのが常なので、当然現職役員 (特に副会長が交渉役)が口説きに入ります。
まあ、例年それでも決まらないので、年度内に全員集まって話し合い?くじ引き?等であれこれもめてやっと決まるのだそうです。
学童の指導員の方々も、例年そのもめ事を見ているようで、

「今年は引き受けて下さりありがとうございます。ほんと、毎年大変そうで・・・ねぇ」

とおっしゃっていました。
実は、保育所の役員の仕事は、多少忙しかったですが、皆さん協力的で積極的でやり易かったです。
誰か一人に負担が掛かるわけでもなく、また、クラスが違うお子さんのお母さんやお父さんとも仲良くなれ、結構楽しかったのです。

学童は保育所、保育園の延長とその時は思っていました。
知り合いのいない小学校でも、同じように楽しくやっていけたらな、なんて思ってました、ハイ。
まさか、こんな大変な目に合うとはその時は全く考えていなかったのです。

続く・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA