【続編】おすすめ!スマイルゼミのタブレット学習

先日タブレット学習のスマイルゼミがおすすめ!という記事を書きました。
過去の記事はこちら

おすすめ!スマイルゼミのタブレット学習

タブレット学習って、3年前くらいから実際に出てきましたよね。
最初はコンテンツの乏しさや、サーバ処理能力が追い付かずにダウンとか、タブレット自体の不具合等、問題が出ているサービスもありましたね。
ですが、昨今はようやく落ち着いたというか、事業としてあきらめまたは縮退した企業もあり、出そろった感があります。

↓よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スマイルゼミをお勧めする理由

スマイルゼミの経営会社 ジャストシステムとは

 
スマイルゼミはジャストシステムという企業が提供するタブレット学習サービスです。
ジャストシステムというと、ワープロソフト「一太郎」で有名ですよね。
その他にもあまり表には出ませんが、ずっと以前から学校教育現場におけるコンテンツを手掛けていて、そのあたりのノウハウを存分にスマイルゼミに活かしています。


どんなタブレットを使っているのか?

先ほどタブレット学習ならではの障害を書きましたが、実はこのスマイルゼミでは契約した3年前でさえそういった事が全く無かったです。
やはり、新規参入の企業とは持っているノウハウが違う、という事かと思います。

とはいえ、初期のタブレットは、ハードウェア自体のスペックが少々低く、充電がすぐ無くなると言う事はありましたが、保守サポートが充実していたので、何かあればすぐに交換してもらえました。

そして昨年の10月に、タブレット3という新しいハードウェアがリリースされ、保守サービスを契約している契約者は、格安で新機種に交換してもらえました。
そのタブレット3がとても素晴らしく、専用タブレット用ペンでのタッチ、記入するときの感触やタブレットの反応、紙と比べてそん色ないレベルでした。
タブレット学習もここまで来たか、と思いました。

今は、独自タブレット配布のリスクを鑑みてか、他社製品では機種をお客様のiOSのiPadに限定したりしていますよね。

スマイルゼミは、OSはAndoroidですが、タブレットとコンテンツ併せての提供で、機種サポートもきちんと対応しています。

こういったサービスが提供出来るのは、会社自体の体制がきちんと整備されている証です。
リスクも含めて負える覚悟というか、まあ言ってしまえば、それが出来るだけ企業として儲かっているのでしょう。
スマイルゼミを実際に長期使っている身として言えるのは、恐らく利用した家庭の満足度は高く、解約率は低い、と思います。

最近は、広告塔になんと「藤木直人」さんを起用しましたね。

なぜ?とは思いますが、こんな大俳優を起用できると言う事は、やっぱり・・・ですよね。
子供の学習に関して、儲かっている云々書くのはなんですが、子供のための学習であるからこそ、ある日突然サービスを辞めますとか、使えるタブレットが変わりますとか (実際他者でありますよね)、そういった事はやはり避けたいですよね。



スマイルゼミの具体的な良さ

さて、長くなりましたが、スマイルゼミの良さをご紹介したいと思います。
1年、2年の間は、「国語・算数」、3年生以降はこれは「理科」と「社会」が加わります。
さらに全学年、「英語」と「計算ドリル」「漢検ドリル」というものが標準でついています。

1、2年生は英語を含む3教科
3年生からは英語を含む5教科

この英語というのがタブレットに向いているなーと思うのが、本物の英語発音が耳から入ってくる、という点です。

実は遥香の下の弟がこのタブレットの英語を気に入っていて3歳くらいからほぼ遊びでやっていますが、今英語は聞き取れているようですし、本人の発音がとても良いです。

↓例えば英語のコンテンツの画面。音声を伝えられないのですが^^;
英語はHOP (小1~2), STEP (小3~6), JUMP (英検5級レベル)とコースがあります。

さらに上のレベルを求めたい方は、プラス料金がかかりますが、プレミアムコースもあります。

②教養を深めるコンテンツ
学習コンテンツは、夏休みになると、「自由研究お助け」とか「総復習」などの長期休みならではの物が出てきます。

次に、朝日小学生新聞のダイジェスト版のコンテンツがあり、こちらも無償で提供されています。
1か月に1度のダイジェスト版なので、文章量は少ないですが、ちょっとしたニュースを知る良い機会になります。

③外出先でも使える機能
スマイルゼミは、WiFi環境があればどこでも利用できますし、また、自宅でコンテンツをダウンロードしておけば、WiFi環境が無い場所でも使えるんです!これってかなり便利ですよ。

よく、子供が静かにしていなければならない場所で、DSで遊ばせている方多いですよね。
それに代えてタブレット学習なんていうのもとても有益ですよ!

④親とのコミュニケーション機能
日々の学習状況等は、あらかじめ登録しているメールアドレスへ連絡が来たり、みまもるネットというウェブサイトや、専用アプリで確認することができます。

また、子供と親の間でメッセージや写真、スタンプのやり取りもできて、なかなかこれが共働きの我が家ではコミュニケーションツールとして役立っています。

⑤子供が喜ぶ機能、親も楽しめる♪

子供のお楽しみ的なコンテンツも、程よくあります。
例えば学習をすすめる中で、カードが貰え、それをジャンルごとにコンプリートする事が子供にはかなりツボのようです。

カードといっても、ゲームのキャラなどでは無くて、子供の知識として有益な内容です。
例えば「天体シリーズ」とか「動物世界シリーズ」「世界遺産シリーズ」など日々新しいものが増えて、子供も妙に燃えてます(*^_^*)
シリーズでいうと、永遠にコンプリートの日は来ないので・・・

また、もう一つのお楽しみコンテンツは、一定量勉強するとお楽しみアプリで遊べるというものがあります。
心配な点として、そちらばかりに夢中になってしまうのでは?という事があると思いますが、大丈夫です、そんな簡単に遊べません。
やはり一定量の学習は必要になりますし、アプリの利用時間の制限、なんなら利用不可にする事も可能です。

⑥設定はいつでも変更可能

それらの設定は、ウェブサイトから行います。
「みまもるネット」という会員専用サイトがあり、そこから契約内容の確認・変更、各種サービス設定が可能です。

サービスの設定から、「アプリ利用時間」さらに「タブレット利用時間」を制限できます。
「タブレット利用時間」は我が家は制限していませんが、心配な方は一日1時間、と言う事も可能ですし、曜日を限定することも出出来ます。

また、遊べるアプリといっても、やはりどことなく子供の知識習得に有益なアプリが多いですよ。
通常のスマホ有料のアプリである「世界の昆虫採集」とか「百人一首」とかです。
特に世界の昆虫はとても気に入っていて、妙に昆虫の裏側 (お腹の方ね)に詳しくなりました。笑

夏休みには、期間限定特別アプリや電子漫画がダウンロードできたりしました。
電子漫画は手塚治虫シリーズ (もちろんNGな部分は無い物)で、こっそり私が学習&読んでいました。

スマイルゼミには、「あんしんインターネット」というコンテンツもあり、キッズ用にきちんとフィルタリングされた環境で、yahooでの検索機能が使えたりします。
我が家は、必要なし!として利用しない設定になっていますが、高学年になって、自分で調べ物をしたい時には、普通のタブレットを渡すより絶対安心ですよね。

予想外のお得ポイント♪

以上が、実際に使ってみて、他とはちょっと違うという点を具体的に挙げてみました。
最後に、スマイルゼミでは契約開始から提供されてきたコンテンツは、少なくとも小学生の間はずっとさかのぼって利用可能です。

遥香は今3年生ですが、契約当初の年長時代 (入学準備号)の物も、今やろうと思えば出来るのです。
これは大きな特徴と思いますよ。
もちろん解約後はコンテンツは利用できませんが、タブレット3からは、解約後も普通のAndoroid端末として継続利用できるようになりました。

スマイルゼミは、今でも全国でお試し会を開催していますし、契約後も一定期間内の解約であれば全額返金保障もしています。
これは企業の自信の現れと思います。

また、毎年恒例になりましたが、年に1度、漢字検定を無料で受検出来るんです。
スマイルゼミ側が費用 (1500円~)を負担してくれるのです。
スマイルゼミで、日々の漢字の学習、漢字検定に向けた総仕上げ、そして受検という、実によくできたスキームです。

 

昔の私のように「タブレットなんて」と思われている方も、一度試してみませんか?

資料請求はこちら↓


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA