チャレンジタッチ新五年生の教材紹介冊子が甘酸っぱい件

気づいたら既に3月も半ば。
あっという間に春休み~新学年の始まりですね!

そんな時期なので、以前資料請求したことのある通信講座や塾の勧誘ダイレクトメールが毎日のように届きます。

何時もならポストでピックアップしてそのまま資源ごみ行きなのですが、たまたま手にした長女、チャレンジタッチのダイレクトメールを見ていました。

ひとしきり見終えた長女

長女「チャレンジタッチも結構面白そう・・・

と、ポツッと呟いてそのまま塾へ。
しばらくダイニングテーブルに放置されていた冊子ですが、何気なく読んでみたのです。

マンガの概要

小四の主人公、特に目立たないな少女、何となく気になるクラスメイトもいて。
そして、現在の自分の学力に自信がなく、それがすべてにおける自尊のなさに通じている。
五年生になって、もっと勉強が難しくなるらしいのに、自分は大丈夫だろうか?

そんな中、幼馴染みの少年の一言がきっかけに、勇気をもらい、やる気を出し、チャレンジタッチをやりたい!とお母さんにお願いするのです。

結果的に、苦手だった四年生の復習をすることで理解度アップ!
五年生になっても勉強への苦手意識も無く、何事にも積極的に取り組めるようになっているのです。

とまあ、その辺りの本筋は置いておいて、主人公の気になるクラスメイトへのドキドキ感、そしてイキイキとし始めた主人公への幼馴染みの男の子の好意が表現されているシーンが

 

何とも甘酸っぱい事、この上なし!!!!

 

そう言えば、私が長女ぐらいの時は、クラスに好きな男の子の○○君、みたいな存在は居たな~。
バレンタインデーはチョコレートを作って、友達と一緒に渡しに行ったな~。

しかしアラフォーになると、これはなんともムズ痒くなるくらい甘酸っぱいな!

また、これを読んだ長女の感想が何故「チャレンジタッチも結構面白そう・・・」”だけ”なのか?!
私には、チャレンジタッチの機能の説明以外のところばかりが気になったわ。



我が家は皆長年進研ゼミにはお世話になっていますが、ずっと紙のものです。
※長女は小四からは塾に変えてます
タブレットとしてはスマイルゼミを活用中♪

タブレット学習は進研ゼミは当初は色々サーバーの不具合などが相次いで居ましたが、最近は落ち着いているようですね。

タブレット学習と言うくくりでの感想としては、紙にはない良さがある、と思います。
小5からは立体図形が頻繁に出てきますよね。
展開図などは、タブレットで自由な視点で見ることができるなど、紙では出来ない物ですよね。

紙には紙の、タブレットにはタブレット、それぞれの利点を活かした学習を続けていけたら良いと思います!

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA