チャレンジ3年生英語の教材、英語マスターとテキストが丁度良い。

進研ゼミ小学講座を受講中の次女に、小3の4月号が届いています。
2020年の英語必修化に向け、プログラミングだけでなく英語教育へのコンテンツが充実してきていますね。

現在小5の長女の頃には無かった、英語の教材冊子が付いてきてちょっと焦ってます(^^;
英語か~と思いつつ、特に何も対応していないので、実際に教材が来始めると現実味が沸くと言うか。
英語と言っても、まだどこかに軽くアルファベット表とか、appleとかbananaなどのポスターレベルかなぁ、なんて思っていました。
でも、ちゃんと英語単独でテキストがあるんです。
※事前に教材を全然チェックしていない証拠

スポンサードリンク

4月号で届いたのは半年用のテキストと、英語マスターと言う装置。

チャレンジではよくこういった装置が付いてきますが、ゲーム機が一切無い我が家ではかなりの活用率。
アナログ画面の超お手軽ゲームでも、超喜んで取り組む子供達。
でも、漢字や算数などのコンテンツは、車移動時に取り組むのに結構便利で、とっても良いなぁと思っています。

今回の英語マスターも同様の装置ですが、英語のテキストが簡単英会話から始まっていて、「こんなの一人でとりくめるかしら?」と疑問でしたが、テキストと英語マスターの活用で、ちゃんと一人でできてます!

これを見た長女。
彼女は既にチャレンジは退会しているのですが、

長女「良いな~、私の時こんなの無かった~。私もこれ欲しかった!英語だけ出来ないの??

と、ずっと言いながら

長女「希望!お願いちょっとだけ貸して

と、テキストと英語マスターで小5が小3コンテンツに取り組む始末。
チャレンジの英語は、算国理社すべてとセットでないと受講できないので、それだけのために月額5千円近くは無理・・・。
他に同じような「手軽な」英語教材無いかなぁ、と考えましたが、無いのですよね。
ああ、英語マスターとテキストだけで提供してほしい・・・。



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA