ena適性検査模試へ申し込み2018年1月20日!

今月2018年1月20日に開催されるenaの「適性検査模試」へ申し込みました。

前回10月のena模試の記事はこちら。
ena適性検査模試の結果が来ました~ (2017/10/7)。
ena適性検査模試へ申し込み!2017年10月7日

前回の栄光ゼミナールの模試も体調不良でスキップだったので、久しぶりの模試。
そういえば前回ってどうだったっけ??と上の記事をクリックして、蘇る前回の結果・・・

(人間嫌なことは忘却できる能力があるのを実感)

スポンサードリンク

今はまだ4年生ですが、来月2月からはもう新5年生としての授業が開始です。
通塾開始から1年、早いものです。

通塾開始までは自宅でチャレンジ、考える力プラス、スマイルゼミを併用し、教えたり採点は全て私がやっていました。
常に理解度をチェック出来ていて、苦手分野も把握していました。

でも、塾に通いだしてからは、ついつい「塾にお任せ」状態の私。
(だって、下の子二人が手がかかるだもん(^-^;)
本人がどの程度理解しているのか?苦手なところは何か?を今まで程は把握できていません。

唯一把握できるのが、塾での定期テストの結果と、四半期ごとの模試の結果。
その結果から推測するに、徐々に徐々に、理系科目 (算数、理科)に苦手感蓄積されている気がします。

算数はまあ教えれば理解しますが、理科の苦手とする部分は特に「自然科学」分野な様子。
うーん、親としては、自然の動きを体感して理解できるよう、幼少期から務めてきた、つもりだったけどなぁ。
まあ、例えば私が空の星や月を観察しよう!としていると、大抵最後までついてきたのは次女の方、、、か。

興味を持つ持たないは、人それぞれですね。
って事を10年目にして確証を得た所で、興味ない子に少しでも理解を深めてもらう施策を考えるべきか。
別の方向性を模索すべきか。

都立中高一貫校、重要なのは適正IIである、と私は思っていて、これから1年の伸び?変化に注目したいと思います。
長女も夫も「別に受検しなくてもいい」と言う、微妙に私一人が突っ走っている状態になっている今、一度立ち止まって見るもの良いかもしれませんね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA