日経新聞のコラム「春秋」の要約に挑戦!

2月になり、長女の新小5としての授業がスタートしています。
これまで1クラスだった教室も、二クラスに分かれたそうで、「落ち着いたクラスで良かった~」となんだか満足してるようです。
と言う事で、クラスも教科書なども、新しい雰囲気に色々やる気になっているみたい。

まぁ、いつまで続くか分かりませんが、復習と宿題も今の所テキパキ。
そんな中、先生から「新聞のコラムを要約する」と言う課題が出たそうです。

長女「コラムって何~?

私「新聞の記事だよ

長女「あ、なんだ。後でやろうっと

って、適当に答えた後に「ん?」と思ってgoogle先生で検索。
そう言えば、具体的にコラム、ってどの部分だ?と・・・

よく「朝日新聞の天声人語を〇✕△」的な文言んを目にしたことがあるので、天声人語の要約と言われたら判りますが。
そうか、天声人語は”コラム”なのねー。汗

スポンサードリンク

でも、そう言えば我が家は新聞なんて取ってません。
以前記事にした「読売CoDoMo新聞」はありますが。
読売CoDoMo新聞、次女も興味をもって読み始めました。&漢字検定その後。

いよいよ、いよいよ新聞を取る日が来た、の、か?と思いましたが、最近は電子版とかあるじゃーん。
そこで再び検索してみました。

読売新聞

読売新聞のコラムは『編集手帳』と言います。
電子版、あるにはありますが、通常新聞を取っている方のみへの有償オプションと言う事で諦め。

毎日新聞

毎日新聞のコラムは『余録』。
お、毎日新聞の場合は、無料でネット記事が閲覧できますね~。

朝日新聞

言わずと知れた『天声人語』。
でも、さすがに無償では無く、月額980円の有償会員向けでした。

日経新聞

こちらは普段電子版を私が読んでいますが、コラムなんてあるのか?と思ったらありました。
春秋』とな。
こちらは会員登録が必要ですが、月10本までなら無料会員として閲覧できます。
でも、どうやら春秋だけなら、登録なしに閲覧出来ますね。

以上の比較で、毎日新聞か日経新聞を使ってみる事に。
すぐ要約文書く!と言う長女に対して、日経新聞の『春秋』を与えてみました。

何故日経にしたかと言うと、見た感じ、4段落構成になっていて、文字数も少なめだったから。
手始めとしてはこちらの方が良いかな、と思いました。

しばらくして、出来上がったから見て、と。

何をもって由とするか、正直判りませんが、起承転結があり、文字数がだいたい200文字程度になっていて、内容が相手に伝わればよいかな。
と、あとはプロの先生に教えを請う形で。

ですが、今回私も読んだのですが、コラムってなかなか良いですね。
短文だし、時事ネタだし。

新聞、再びとってみようかな~。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA