子供の習い事~ピアノ教室~

以前子供達全員にスイミングを習わせているという記事を書きました。

我が家の子供達の習い事 スイミングスクール

その他に、長女と次女は年中からピアノを習っています。

きっかけは、まあ母である私の働きかけが大きいのですが、女の子はピアノ習い率が高く、遅かれ早かれ「習いたい」と言い出したでしょう。
私自身、小1から小6まで習っていて、正直嫌々でした・・・(^-^;
先生は怖いし (すぐ手をピシッと叩かれる)、自宅のピアノがあった部屋は奥まっていて薄暗く子供心に怖くて・・・。
母親から「嫌ならやめなさい!」と言われると「やめない!」という感じで、まんまと6年間続けてしまいました。

でも、習っていてよかった!と思える習い事です。
学校での音楽は得意でしたし、ピアノ演奏や鼓笛隊などではその技を発揮する機会が多々ありました。
目立ちたがりの私には役立つスキルでした。

そんな経験もあり、子供達にはピアノを習わせたいと思い、幸い子供達も習いたい!となったので通わせています。

本当は長男の隼にもぜひ習わせたかったのですが、「やらないよ」の一点張り。
流石に一切興味のない子に習わせられるものでも無いので、そこは諦めました~。

まずはピアノの先生探し

現在我が家は東京都にありますが、夫婦そろって地方出身。
ですので、どこに良い先生が居るのか?と言った情報が全くありませんでした。
保育所のお母さん達に聞くという手段もあるのでしょうが、我が家のある地域から少し離れた保育所に通っていたので、必要な情報が得られません。

そこで活用したのが、ピティナ (PTNA)というサイト。→こちら
ピティナとは一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の略称なのですが、そこから登録しているピアノ講師の情報を検索できます。
我が家から通える範囲でいくつか検索し、子供の年齢など条件に合いそうな方にいくつか問い合わせしました。
共働きの我が家には、土日にレッスンが可能な事と言うのも重要な条件でした。

実際にお話を伺ったのは2人の先生で、1件目はピアノも教えて下さるのですが、先生の方がエレクトーン押しだったのでちょっと違うかなと。
エレクトーンの多彩な音に子供自身はとても興味を持ったのですが(^^;
2件目の先生は、グランドピアノが2台あり、ピアノ一筋に目指すわけではなく、楽しく習う、と言うのを基本としたいというこちらの要望を由として下さいました。

ピアノと言う習い事は、日々の練習が大変

ピアノという習い事は、スイミングなどとは全く違うものだな、と改めて身にしみて感じました。
スイミングであれば、習い事へ行ってあれこれ習って練習してくるものです。
一方、ピアノは日々の自宅練習がメインで、習い事の日は先生への発表&修正やアドバイスを頂くものなのですよね。

なので、毎日の練習がとても重要。
練習する本人も大変ですが、小さい頃は練習をやらせる親も大変でした。まあ、今もですが。
自分から進んで毎日ピアノ練習、ってお子さんはそうそう居ないと思います。
ピアノって、練習すればするほど上達しますし、しないとどんどん衰える気がします。

先生は、私が昔習っていた先生と違って、怒ったりはしないのですが、練習量が少ない場合はそれでも申し訳なくて。
長女の遥香の場合は「嫌ならやめなさい(←どこかで聞いたような)」と言うと「嫌だ!」というタイプ。
そんなやり取りを繰り返しつつでしたが、年長あたりでは「ピアニストになる」なんて言うくらいには好きなようです。

次女の希望は「やめなさい」なんて言ったら「やめるー」と言いそうなので、その言葉は言ったことがありません。
でも、「ピアノの練習だよ」「はーい」で素直に練習するし、呑み込みも上達も早かったです。

小学校へ上がるまでは、毎日一緒に付き添って練習でした。
年中から初めて、長女ははや6年目。
次女もすでに4年目です。
既に私の弾けるレベルを超えており、家での練習で教える場面も無くなりましたが、実際聞かれても教えられません!

ピアノは頭を良くするのか

まあ、一度は聞いたことのあるフレーズですよね。
東大生にはピアノを習っていた割合がとても多いってやつです。

個人的には根拠はありませんが、ピアノをやっているから頭が良いのではなくて、頭が良い人がピアノを好むのかなと。
上にも書きましたが、コツコツ毎日の練習が出来る人は、きっと勉強だって毎日積み重ね出来るでしょう。

女の子はピアノに憧れやすいし、親も習わせようと思いますよね。
一方で男の子は、本人がやりたい!と言わないとなかなか続けるのは難しいと思います。
なので、男の子でピアノ好きは、やっぱり頭が良い確率が高い、という勝手な持論です。

残念ながら我が息子はピアノ拒否でしたが、笑
実際に身近にピアノ男子が3人程居て、どの子も高学歴まっしぐらなのも確信を強める理由です。

ですので、ピアノが頭を良くするとは思いませんが、脳みその活性化には良いわ~と実感しています。
やはり左右の手で全く別の動きをするって、なかなかありませんよね。
目は楽譜を見、右手と左手でそれぞれ別のメロディーを奏でるなんて、頭の体操にもってこいです。

やってて良かったピアノ?

ピアノを習っていて良かった、いう場面は正直まだそこまでありません。
もちろん保育所時代のピアニカとか、小学校に上がってからの音楽の授業では大変役立っていると思います。
ですが、子供の小学校では子供がピアノで伴奏をするという場面が一切なく、楽器演奏より声音に力を入れている感じ。

また昔からそうですが、女子のピアノ習い率が近所でも高く、皆何かしら経験があったり今も習っていたり。
ピアノが弾けるだけでは特出できるわけではなさそうです(^^;

まあ、これから先どこかで役に立つかもしれないし、私のように大人になってから再びピアノを弾きたいと思うかもしれないし。
やってて良かった、というか、やらせて良かったピアノ、ですね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA