群馬県、『下仁田ジオパーク』巡りへ行ってきました♪

群馬県の下仁田と言う地域に行ってきました。

群馬県といったら…ネギとこんにゃくが有名なんです。
さらに、それらの銘産地は、下仁田と言う場所です。

群馬県下仁田町は、世界的レベルの地質学的な資源がたくさんあり地質の宝庫と言われていて、実は日本でも5指に入るほど貴重な場所と言われているのです。
このような大地のストーリーを、ジオツーリズムを通して体験したり、味わったりして、楽しんでもらうのが『下仁田ジオパーク』です。

群馬県って、ものすごい歴史的な史跡や、こういった自然資源があるのに、自県の宣伝が下手だな~と、昔から思っていましたが、富岡製糸場を皮切りに、いよいよ動き出したか!といった感じ。
ぐんまちゃん、を通じて、群馬自体を知ってもらう機会も増えましたしね。

今回この『下仁田ジオパーク』に行こう!と言い出したのは夫。
先日の「自然史博物館」へ行った際に、このジオパークのパンフレットが置いてあったのです。
群馬県・自然史博物館へ行ってきました♪

群馬県民の私としては、「ははん」的な感じですが、他県出身の夫からしたら

夫「すごい!群馬すごいじゃん!なんで早く教えてくれなかったの!?

というわけで、GWの昼下がりに出発して行ってきました。
にほんブログ村テーマ 群馬県へ
群馬県

スポンサードリンク

とはいえ、頼りは手元のパンフレット。
カーナビに目的地として入れようとしても、全く登録なし!さすが群馬の下仁田!
それでも一応群馬県民の私の指導の下、国道254をひたすら下仁田方向に向かって進みます。

まずはこちら『跡倉クリッペ』。
まだまだ整備が整わないとみて、わかりやすい看板はほとんどありませんが、一応無料駐車場を発見しました。

駐車場から瓦に伸びる階段には「ここは危険地帯~、転落注意~」的な警告があるほど、結構な場所です(;´∀`)
ここは地殻変動の際に作られた地層の傷がみられる場所です。

素晴らしい景観とともに、夫のSNS用に撮影をしてあげました。

 

お次は、『3段の滝』を目指しての森林ドライブ。
途中で軽トラ作業中のおじいさんに道を聞いたのですが、

おじいさん「うーん、あるよ。多分林道だから車では行けるとは思う。でもしばらく行ってないからねぇー

超不安・・・。
とりあえず行けるところまで行こう!と進むこと30分。

ようやく駐車場?までは到着。
でも、そこからは徒歩のみ。

歩けるところまで進むと、渓谷が。
ものすごくきれいな水でした!

でもこれ以上は急な斜面を登る道で、それはもう登山道。
軽装&「熊出没」の看板アリという事で、ここで断念しましたが、十分満足できましたよ。
夫は軽んじていましたが、

 

群馬はマジで熊出るから!

 

最後に寄ったのが『宮室の逆転層』です。
その名の通り、地層が逆転している状態が観察できる場所です。
ここは看板があって、ホッ。

この先の橋の下に降ります。

いやー、素晴らしいですよ、ほんと。

子供たち、人生で初めて「水けり」をしましたよ。

以上今回のジオパーク巡りでした。

本当はもっともっとたくさん観光する場所があるのですが、なにせ思い付きで出かけたもので、時間も装備も足りない!
次の夏休みに来た時には、じっくり回ろうと夫を説き伏せて本日は終了しました。

『下仁田ジオパーク』是非行ってみてくださいね♪
にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ
子どもとおでかけ♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA