子供に将来のために出来る事&母の私は久々に外部研修に参加

以前から記事に書いてきましたが、子供たちには手に職を付けて欲しいと思っています。
その、手に職の【職】って、それこそ沢山ありますよね。
人によって目に浮かぶイメージは異なることでしょう。

私自身はSEのため、仕事をする中で、一番身近なイメージではプログラマーです。
パソコンと必要な環境があれば、後はどこへ行っても何かを作り出すことが出来る、素晴らしいなあ、と日々思っています。

因みに私はプログラマーでは無く、プログラミングといったら大学時代にちょこっと経験がある程度。
とても仕事に出来るレベルではないです(^-^;

スポンサードリンク

子供が将来どんな道に進むのかは未知数ですが、親が与えられる知識の範囲であらゆる事を経験させたいのです。

未来の学びコンソーシアム、子供のプログラミング教育をどう考える?
子供プログラミング教室「Viscuitで動く絵本」に参加

私が働く会社でも、徐々にソフトウェアが、メインになってきており、やはりスキルがある若い人がどんどん大きなプロジェクトに抜擢されています。

会社の奨励で外部研修へ行ってきました

そんな中、少しでもソフトウェア開発人材に近づこうと(笑)、会社の推奨する外部研修へ参加してきました。

いつもよりも出社が遅いのに気付いた子供達。

子供「ママ、まだ会社行かないの?

私「ママはね、今日はお勉強しに行くんだよ

そう、母だって勉強するんです。

研修場所は、駒沢大学前駅から徒歩5分にあるビルで、行く途中でカフェを期待しましたが、無い…

普段は水筒持ちの私ですが、外出の時は早めに出てカフェでまったり♪が唯一の楽しみ!
研修所を通り越し、更にそこから五分ほど先にあるらしいGoogleマップでスタバを目指しましたが、どうやら大学構内にあるらしく…
あきらめて研修所近くのコンビニコーヒーにしました~。

そして、もう一つの楽しみは、なんといっても外ランチ。
おしゃれスポット (だとか?)でも、おしゃれなお店なんてどこにあるかわからず・・・で、結局ジョナサンへ。

ジョナサンの平日ランチって、お得なんですね~。
ドリンクバーとスープもあって、満足いたしました。

あ、肝心の研修の話が抜けておりました。

はい、やっぱり勉強するって良いですね~。
ちょっと前までは、保育園のお迎え時間の関係で、17時を過ぎる研修には参加できませんでした。

全員が小学生になり、多少の夕方以降の留守番ができるようになったので、私も集中して参加できます。
仕事モードに浸かって、受講していると頭の中の回路が繋がり直したような感覚です。

人間っていつまでも学び続けることは出来るんだな~、と自分自身で限界を決めていた事を反省。
さすがにバリバリソフトウェア開発人材なんて無理ですが、今の仕事を効率化出来るくらいのツールはちゃちゃっと作れるくらいにはなりたいな。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA