小4の娘。交換ノートが回ってきた。

スポンサードリンク

交換ノートが回ってきた

ある日の小4の娘、遥香。

ごそごそと自分のシール手帳をあれこれ漁り始めました。
何をしているのか尋ねると、交換ノートに貼るシールを探しているようでした。

交換ノート!

そうか、そうか、そんな年になったか~、と懐かしい思いでした。

母である私も、確か同じころに交換ノートというか交換日記的なものを、女子の間で回していましたね。
あれ、いつ始まって、いつ終わったのか、良く覚えていませんが。

遥香「何書いたらいいの~?

私「そうだねー、〇〇〇君が好きです♪とかで良いんじゃない、笑

遥香「もうっ!怒

交換ノートにも時代を感じる

数十年ぶりに見た (!)ノートは、昔も今も体裁は変わらず。

でも、最初の自己紹介ページの「住所」とか「電話番号」とかには”ひみつ!”とか、書いてあっても”ウソです”とか書いてあるのです。
娘曰く、「個人情報だから」だそうで・・・。

そうか、今は友人間でも住所や電話番号は迂闊には書いちゃいけない、という意識が、小学生の頭には刷り込まれているのですね。
時代を感じるとともに、悲しさも感じる現実です。

交換ノートをするにあたっての注意点を伝授

自分がやっていた時には気にしたことなんて無かったのですが、大人になって振り返ると色々アドバイスしたいことがあります。

私「絶対に人の悪口は書いちゃダメ。他の子が書いても、”そうだね”なんてのも書いちゃダメだよ

私「仲間同士のやり取りでも、もしかしたら他の子に”こんなこと言ってたよ~”と言っちゃうかもしれない

遥香「えー、書かないよ、そんな事

もちろん、他人の悪口自体はNGですが、交換ノートはいつ何時不利な証拠になってもおかしくありません。

最後に(昔)男子からの助言

と、突然黙って聞いていた夫が口をはさみました。

夫「そうだよ、絶対見られる可能性があるから。その証拠にパパ、女子の交換ノート見てたからね

遥香「はっ??

夫「男子はみんな見てるんだって。体育で着替えている間に男子で集まって読んでたからね。だから見られて困る物は書くなよ

私、遥香「えーっ、最低~っ!!

男子(夫)って、バカだ・・笑

その後遥香は、電話番号欄には出鱈目な番号&ヒミツ♪、と書き、当たり障りのない手紙を書いていました。
これ、面白いのかなぁ?

いやいや、特定の女子グループ内限定!とかで日記やノートを回して共有することが大事なんでしょうね、女子は!!
ギャングエイジの始まり始まり~

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA