もうすぐ学校のプール開き&夏休みの計画。

スポンサードリンク

もうすぐ学校のプール開き

小学生にとって6月のビッグイベント、プール開き。
まるで夏のような5月が終わり、6月は少し涼しくなったような・・・。
と思ったら、もう梅雨に入りましたね (^^;)

太古の昔、私が小学生だった頃、やはり小学校のプールはとても楽しみでした!
でも、6月はやはり天気が悪くて水温も低く、「今日はプール中止」なんて事が多かったです。
その発表の度に、クラスメイトで「えーーーーー!!!っ」とがっかりした記憶があります。
プール授業がある前日は、みんなでテルテル坊主を作って教室につるしたり・・・

ああ・・なんて無邪気なんでしょうね~(遠い目)

今時の子供も、やっぱり水泳授業は楽しみ??

我が家の子供3人は、夫婦の方針で、年少頃から皆スイミングへ通わせています。
我が家の子供達の習い事 スイミングスクール

小4の遥香は既に選手コースでバリバリ泳ぎ、小2の希望ももうすぐ全級制覇が目前です。
小1の隼も、小学生コースに移り、これからバタフライなどが始まるので、そのうち山場が来るでしょう。

皆それぞれ、プール行きたくないとか、なかなか進級できなくて落ち込んだり、という経緯を経ていますが、それでも今は共通して「泳ぐの大好き」」になっています。

小学校のプールについても、大人ぶって「めんどくさい~」とか言っている長女が居ますが、それでも晴れる事を祈ってテルテル坊主を作っていたので、そこはやっぱり楽しみにしているようです。

子供たちの小学校での水泳授業を見て、昔と違うな~という点があります。
それは、「進級テスト」という物が期間中、複数数回あって、進級具合で水泳帽にワッペンが貼られます。

私の幼少期は、テストはあったかもしれませんが、目に見えて級が判るような判別肢は無かったですね。
昔に比べて、そういった差異を無くす方向かと思っていましたが、以前記事にした「習熟度別授業」の件も然り、意外にそうでもないのかもしれませんね。
小学校 習熟度別授業の導入の是非について

夏休みも気が抜けない、水泳の進級テスト

この、進級テスト、子供にとってはなかなか重要なんだそうで。

複数回行われるこの進級テスト、なんと夏休み期間にも2回開催されます。
夏休みの水泳授業は、回数は少なく、7月と8月にそれぞれ5日ほど開催されます。
もちろん強制参加ではないのですが、この進級テストのために、子供たちは必死に優先して向かいます。

一度、祖父母宅への帰省を優先させた事がありましたが、子供に泣かれました、汗。
子供達、すでに小学校レベルではかなり泳げるので、だからこそ進級テストのパスは必須なようです。
一度のテストで進める級は限られていて、飛び級は出来ないシステムなのも増長させてます。

夏休み、親の都合は優先度低し!

ですので、今年は以下の事を念頭に、夏休みの計画を綿密に立てました、笑。
■第1優先事項
・長女の夏期講習の日程
・長女の水泳の練習、合宿の日程
・ピアノ発表会、レッスンのスケジュール
・学校の水泳授業の日程
・学校の勉強講習の日程
・学校PTAの行事日程
・各種夏休みイベントの日程

■第2優先事項
・両家祖父母宅への帰省スケジュール

■第3優先事項
・親の仕事の都合・・・

もうね、共働きの我が家ですが、親の仕事の都合は最後です、最後!
幸い、夏期休暇は一斉ではなく、各々取得する形なので、なんとか夫婦で分担したいと思います。

水泳もそうなのですが、やはり、小4の長女の塾のスケジュールに大きく影響を受けています。
いずれ中学生になったり、下の二人が成長すると、一体どうなってしまうんだろう!?

家族全員であちこち気軽にお出かけできるのなんて、本当に今のうちなんですね。
運動会の振替&子供と過ごす時間はとても短い

今の時間を大事にしよう・・・

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA