自宅のインターネット回線、子供利用に際しての対策!

スポンサードリンク

自宅のインターネット回線、子供利用に際しての対策!

我が家では現状、子供へのタブレットやパソコン利用を許可していません。

もちろん、一緒にいる時に、夫がタブレットで音楽や動画を流すのを一緒に観たりとか、
パソコンで調べ物がしたいという時に一緒に調べたりとか、はあります。
お友達には、小1の頃から留守中に自由にタブレットでyoutubeを見せているお宅もあるのですが、我が家はNGでした。

長女の遥香も小4になり、最近はちょっとデジタルで絵を描きたいな、とか、調べ物をしたいな、という時が増えてきました。
小学校ではとっくにパソコン授業があるので、いつの間にやら自分でタイプも出来ます。
今の時代、いつまでも親つきっきりの時のみの利用にも限界があるな、という思い、この度自由を少し上げようと決めました。

もちろん、利用時間や利用にあたる注意事項は叩き込んだ上で!

とは言え、子供ですもの、そりゃあ見てほしく無いサイトとか、見ちゃいますよね・・・。
インターネット利用に性善説は通用しないと思っている私は、基本ありきで、それを防御する策を立てようと思います。
いわゆるフィルタリングってやつです。

フィルタリングには、いくつか方法があります。

■フィルタリングソフト
パソコンや、タブレット、それぞれに専用のソフトをインストールするパータンです。
有名なところで、「i-フィルター」などですね。

細かく設定が可能で、機能としては一番良いのでは?と思います。
でも、ソフトウェアとしてインストールしているもの、解除しようと思えば出来ますよね。
そりゃあ小学生には今の段階では無理だろうけれど。

それに、専用ソフトのインストールって、端末が増えると面倒が増えますし、OSとの相性もあって、WindowsUpdateしたら使えない、とか多々可能性があります。

■ウェブブラウザでフィルタリング
Yahoo!きっず、など子供専用検索エンジンがあります。
スマイルゼミのタブレット機能にもある、「あんしんインターネット」はこのYahoo!きっずを利用しています。

スマイルゼミのタブレットのように、yahooキッズしか使えなければとても良い機能です。
ですが、自宅のパソコンやタブレット、使おうと思えば、別の検索エンジンも使えるし、別のウェブブラウザだって使えます。

■電話キャリア提供のフィルタリング
ドコモやソフトバンク等、キャリア会社が提供する子供用設定があります。
これらは無料で利用できます。

ただし、スマホ用である事と、キャリア契約である必要があります。
これからは格安SIMがどんどん増え、子供向けにもキャリアSIMでは無いご家庭も増えますよね。

■ルータのフィルタリング機能
光回線やADSLなどの有線サービスを自宅で利用している場合、レンタル提供などでルータが設置されていると思います。
今時はレンタルルータ自体に無線機能を搭載しているので、それを利用しているご家庭も多いでしょう。

我が家の場合は、別途自前で無線ルータを用意して使っています。
この無線ルータ、家庭用ではバッファローやロジテック、コレガ製品が多いですよね。

この無線ルータとセットで使えるコンテンツフィルタサービスがあります。
バッファローペアレンタルコントロール機能

実はこれ、上で挙げたi-フィルター機能とルータがコラボした物なのです。
パソコンなどでインターネットへアクセスする際、ルータがi-フィルター機能と連携して、あらかじめアクセス不可としたサイトへのアクセスの場合にブロックしてくれます。
※コレガ製品ではこちら。
コンテンツフィルタ

実は結婚当初に無線ルータを導入した際、お試しで利用したことがあります。
当時はちょっと違うサービス名でしたが、目的としてはほぼ同じ。
きちんと、夫の深夜のアダルトサイトへのアクセスをブロックで来ていたのをテスト済み、笑。

当時は子供はいなかったので、それ以降有料で利用していませんでしたが、今は年間3000円程度で利用できます。
現在使っているルータでは対応して居ないし、無線LANの規格も古いので、これを機に買い替えようと思います。

楽天セールでまとめようかと。

 

とは言え、youtubeなどからのアクセスは、完全には回避できませんよね。
多分どの手段でも穴はあります。

最低限の対処はしつつ、やはり子供への教育が親としての一番重要な義務なんだと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA