警視庁からの不審者情報&子供の安全対策を考える

スポンサードリンク

警視庁からの不審者情報&子供の安全対策を考える

私は子供が小学生になってから、警視庁の不審者情報メール配信に登録しています。

保育所へ通っていた時は、子供だけになることはまず無かったので、一番の心配は天災でした。
小学生になってからは、登下校は基本複数人ですが、帰宅後や習い事で一人になる機会が増えてきました。
となると、心配事が一気に増えました。

先日、東京都内での子供の犯罪被害について、警視庁の有識者研究会の分析結果が新聞などのメディアで発表されました。
小学生以下の子供が不審者に声を掛けられたり、性犯罪に巻き込まれたりした被害の約3割が、学校から帰宅後に外出した際に起きた、と言う事です。

小学生以下の子供が被害に遭った387件の時間帯を調べると、学校から家に帰った後に塾や遊びのために外出した「帰宅後」が一番割合が多かったそうです。
登下校時と違い、一人になる時間が狙われるという事なのでしょう。

~内訳~
帰宅後: 131件 (約34 %)
不明 (平日): 95件 (約25 %)
休日: 80件 (約 21 %)
下校時: 66件 (約17 %)
登校時: 15件 (約4 %)

子供の安全対策を考える

現在、一人で通っている習い事はありますが、基本的に明るい時間帯の行きのみ。
歩く経路も、なるべく死角のない人通りの多い場所を、遠回りでも通るようにさせています。

子供達には学校からも安全指導がありますが、自宅でも日々注意点について口を酸っぱくして伝えています。
その1例ですが、たとえ知っている人でも一人でついて行ってはいけないとも言っています。
それこそ、極端な話しで同級生の親でも、先生でも、です。
嫌な世の中だな・・・とは思うのですけどね。

そして、帰りの際には必ず迎えに行っています。
ですが、現在私は時短勤務を頂いていて、だからこそ可能なお迎えなのです。
来年度からフルタイムに戻る予定ですが、今から習い事の整理に頭を悩ませています(^-^;

キッズケータイの活用

子供達が小学生になるタイミングで、一人1台のキッズケータイを契約しています。
そして、ドコモのイマドコサーチを契約していて、私のスマホやパソコンからGPSにて位置情報を取得、チェックしています。
習い事に一人で通い始めた頃は「ちゃんと行けたかな?」など心配で、ちょくちょくチェックしていました。

出かける時には必ずケータイを持っていくこと、を徹底しています。
何か不安な事があると、すぐ電話をかけてきて困る時もありますが、まあ心配するよりは良いです。

今はドコモでは「ドコッチ」という、GPS機能だけの物がありますが、我が家の場合は電話機能があった方が便利でした。
例えば、位置情報を確認して、想定外な場所にいたとしましょう。
その後どうします?警察に電話しますか?いきなりはしませんよね。
安心するためには、本人にその場所にいる理由を確認しないとなりませんものね。

自宅の防犯カメラを設置

上で書いた、帰宅後の被害が一番多いという件ですが、被害発生場所は自宅から比較的近い場所だとか。
家の近くだからと言って安心出来ないですね。

我が家では、子供が生まれた際、防犯カメラを設置しました。
当時、庭のソーラーライトが倒されていたり、自転車カバーがいつも変な場所にあったり (風かも(^-^;)していて、不安を感じたからですが。

セコムの防犯カメラで、特にセコムと契約していてセコムが飛んでくる、と言うわけでは無いですが、一定の画像は保存蓄積できます。
これ見よがしに設置しているためか、設置以降不審な事象が減りました。
また、帰宅してから念のためチェックして、安心できるという点でも付けてよかったです。

カメラで動きを検知し、室内のモニタに映像を出すとともに録画します。
夜にはセンサーライトも点灯しますので、普段使いにも便利。

子供が色々張り付けて使用感満載なのでぼかしまくりの写真。
手前が防犯カメラ用のモニタです。

これの良いところですが、子供がいつ自宅を出て、道をどちらに向かっていったかなどがわかります。
先日帰宅すると子供がおらず、画像をチェックすると、同級生がピンポンしてきて二人で自転車で出て行った模様。
それが判るだけで、ちょっと不安が減りますね。

室内用ネットワークカメラはどう?

宅内でのお子さんの様子を見る、と言う目的であれば、ネットワークカメラという選択肢もありますね。
値段も1万以下でも十分というリーズナブルさ。

スマホが普及した今では、出先から気軽に自宅の映像を観たりすることが出来ます。
ただし、常時監視し録画するという目的のためには、大容量のパソコン、ハードディスクが必要になりますので、室外を常時監視と言う目的であれば、やはり専用の監視カメラをお勧めしますね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA