一気にクリスマスシーズン到来!サンタさんは本当にパパじゃないの?

スポンサードリンク

一気にクリスマスシーズン到来!サンタさんは本当にパパじゃないの?

11月になりましたね。
昨日の朝は、ハロウィーンぽく、特別にこんな可愛い?パンを朝食に。

ハロウィーンも終了、次はクリスマスに向けて、町もお店もにぎやかになりますね♪
早々にクリスマスツリーを出すお宅も多いのではないでしょうか?

ところで、皆さんのお宅にはサンタクロースは来ますか?と言うか、お子さんにとってサンタクロースは存在しますか?

我が家には今のところサンタクロースさんは居るし、クリスマスにプレゼントを持ってきてくれるのはサンタさんだとなっています。

年末の11月頃になると、親から子供に欲しいものをヒヤリング。
お値段、内容を調整して決定した後に、”パパがサンタさんに電話でお願いする”形になってます、笑。

プレゼントのすり合わせ

法外な値段だったら
サンタさんは沢山の子供にプレゼントをあげなくてはならない、一人にそんな高いものは無理だよ
と伝えて納得させたり。

親の判断でよろしくないものなら
サンタさんはみんなにとって良いものでないと、断ると思うよ
と言ったり。

子供が生まれたときから始めたこのイベント、既に長女は10歳ですが、驚愕な事に未だ信じています。

ちなみに、父である夫の家にはサンタは来なかったそうです。
クリスマスには親からお金を渡されて、好きなものを買いに行く日、だったとか。

そして母である私は、クリスマスは親と一緒にデパートへ行って、好きなものを買ってもらう日、でした~(^-^;

サンタさんが来ていた方からするとなんとも寂しい感じなのかもしれませんが、そう育ったので別に何とも。

ただ、夫婦揃って子供にサンタクロースを全力で信じさせているのは、実は自分がしてほしかったから??なんて思ったりもしますね~。

我が家のサンタクロース都市伝説

さて、実際にプレゼントを渡す際には毎年頭を悩ませていました。

◼レベル1
小さい頃は、夫がサンタクロースのコスプレをし、夜になってからピンポンして渡していました。
髭と帽子でどうにでもごまかせていた頃…信じてました。

◼レベル2
一年も経つとあっという間に成長し、ピンポン前に家を抜け出すのに一苦労しました。
パパちょっとお腹いたいからトイレ行ってくるね
とかいって、こっそり抜け出して。
外の車に衣装を隠して。
無事ミッションを終えて戻ると、

子供たち「パパー!さっきサンタさんが来たんだよ!!パパどこ行ってたの!!

なんて、ちょろいちょろい。

◼レベル3
流石に次の年は「もう、絶対バレる!」と、ピンポンしてインターホン越しに姿を見せてから、プレゼントを残してダッシュで消える事に。
裏口からこっそり戻って何気ない顔で合流する夫。

来年は無理だ!
と。

隣のおじいさんに目撃されて、微笑まれたのも懐かしい…

◼レベル4
プレゼントは玄関に置いて、後は電話で連絡。
私がサンタと電話で話すと言う茶番劇、笑。

この辺りから、サンタクロースの姿を目にすることが無くなりました。
と同時に、子供たちの間でサンタクロースの存在や、これまでの現れ方を議論するようになってきて…

親は子供だから余裕~なんて思っていましたが、意外に皆それぞれちゃんと覚えていて(^-^;
子供たちにとって、昔確かに見たはずなのに、最近は全く姿を表さないサンタクロースの存在が、まるで都市伝説のように語られています。

子供は本当に信じているのか?いつ気づくのか?

もちろん、これまで危うく気付かれそうになった事はありました。

①サンタの衣装をうっかり目にする
夫のサンタクロース衣装をうっかり出しっぱなしに!
まだ、3歳くらいだったので、ごまかせた~。

②なぜ電話予約なのか?他家とのお作法の違いに気づく
長女が就学して、お友達とサンタについて話題が出たとき、それぞれのお宅でルールが違ったらしく。

大多数が”サンタさんに手紙を書く”だったのに、我が家は電話予約でした(^-^;

③なぜプレゼントをくれる日が違うのか?クリスマスイブでは無い事に気づく
何故なら共働きの我が家は、夫も揃った休日である必要があるからです!
また、朝発見だと、保育所への送迎の関係で時間がないから~

とは言え、子供の成長と共に気づかれるのは必至。
それはそれで自然と~と考えていましたが、上にも書いた通り、小4の娘はまだ信じているらしいです(^-^;

しかし、小1になった息子、

息子「サンタさんて本当に居るの?パパじゃない??

と何度も念押しされました。
恐らくお友達に「サンタは親に決まってんじゃーん」とか、言われたのでしょうね~。
逆に、学年が上がるとサンタさんの話題が出ることも少ないのではないか?と推測しています。

小4長女は意外に気づいていない。
小2次女は、あまりサンタの事に触れない→実は気づいてる疑惑。欲しい物があっても、「あ、でも高いから変えるね」などと気を遣うあたりが…
小1長男、そろそろ気づかれるかも

父と母のクリスマスイベントの企画実行は、もうすぐ終わるのかも知れません。
ただ、

夫「例え気づかれたとしても、大人になっても嘘をつき通す。絶対認めない

と宣言しています。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA