我が家の子供の共済。けがの通院に備えるお守り&今回保険金請求しました。

我が家の子供達、1歳くらいから共済の保険に入っています。
掛け捨てで、病気での入院や、けがの通院から保障のあるタイプです。

長女: コープ共済
次女、長男: 都民共済

月々1000円のコースに加入していますが、割戻し金でなんだかんだで4~5000円くらい戻ってきます。
お守り代わりに入ったのですが、長女が生まれてから10年、それなりに使う事がありました。

実際に保険金請求した事例

(けがの通院)
お友達の足が目に当たって眼科へ行った時
転んで額を切った時
硬いものにぶつかって前歯が欠けた時
足の爪が剥げた時
骨折して全治2か月

(病気の入院)
ウィルスに羅漢して入院した時
熱性けいれんで入院した時

などなど・・・

驚いたのは、次女が腕の骨を売った時の事です。

通院はもちろん保障されましたが、ギプスをしている間は毎日保障がされた事でした。
これは共済組合ごとに多少異なるのかもしれませんが、都民共済は金額も通院と同額でした。
※当時と今は異なるかもしれませんので注意

そして入院した時は、親が毎日通院したり、付き添いしたり、病院で食事を購入したり
子供医療費は無料な地域ですが、それ以外の出費への補填が出来ました。

上に書いた通り、一人だけコープ共済なのは、個人賠償責任保険が1億までで、都民共済よりも高額だからです。
高額請求はありませんが、子供がもっと小さい頃、ホームセンターで金魚鉢を割ってしまった際に使わせて頂きました(^-^;

都民共済は、ギプス装着時の日額補償が高いので、骨を折りそうな下二人はそちらにしています。
夫の家系はどうも骨が弱い様で、聞くところ結構な頻度で骨にひびを入れたり、折れたりしているようです(^^;
母親の直観では、次女と長男は夫系の骨だな、と。
(実際次女は2度骨折している)

さて、今回長女が足をねん挫をし、整形外科へ通院しました。
幸い軽い症状で、通院は1回で済みましたが、忘れかけていた共済請求をすることにしました。

コープ共済は電話で請求資料を貰う形ですが、助かるのは領収書または乳児医療証の写しと診察券の写しのみで良いところ。
※都民共済は、診断書を依頼しなければならず、依頼と受け取りで病院へ行かなければなりません。

他にも共済保険はいくつかありますが、微妙な違いがあるので、ご家庭にあった物を選ばれると良いですよね。

このように、お守りのつもりの共済保険ですが、なんだかんだで助かった事が多々あります。
成人したら、掛け捨てではない医療保険を再度検討しようかな、と思っています。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA