小1の壁、学童の長期休み中のお悩み問題。

スポンサードリンク

小学生の子供達は春休み。とはいえ、共働きの我がですのでお弁当を持って学毎日学童へ通っています。
中にはこの春から学童へ通い始めるお子さんをお持ちの方もいらっしゃると思います。

我が家の現在小3の遥香も、三年前に保育所生活からいきなり学童生活に変わりました。
我が家は自宅と職場が少々離れていて、私は6時第、夫は7時30分頃に自宅を出発します。
保育所時代は夫が送り担当で、7時に開所する保育所に子供を預けてから出社していました。
ところが、学童の開所時間は早くて8時30分からで、学童に早くに行って外で待つなどは禁止でした。

学童通いになり、朝は親が先に家を出て、その後一人で鍵をかけて家を出て学童へ行く。
・・・なんて、結構ハードル高いですよね?
これが所謂『小一の壁』ってやつの第1号でした。
にほんブログ村テーマ 小学生ママの日記へ
小学生ママの日記

当時我が家は、夫が会社に交渉し、4月一杯は出社時間を遅らせてもらう事でなんとか解決しました。
また、遥香は比較的自立していたので、小学校が始まってからは自分で鍵をかけて家を出るようにまでなりました。

同じような近所の学童っ子を持つお宅では、以下のような対処で何とかされていたようです。

・学童っ子を持ち、出社時間が遅いご両親がいる近所のお宅に、登所まで待たせてもらった
・朝近く、近く住む実家に預け、そこから登所or送迎してもらった
・長期休みは仕事をセーブした

我が家の取った解決策もそうですが、可能なご家庭と不可能なご家庭があると思います。
祖父母宅ならいざ知らず、やはりお友達のお家へ、というのはお互い大変ですよね。
学童の父母会で活動していると、やはり学童への要望書には、長期休み期間の開所時間や、普段の閉所時間の延長という要望がダントツ多いです。

ですが、現実的には保育園並みに学童を整備するのは現時点では難しく、やはり各ご家庭で対処していくしか方法が無いのですよね。
そこで、入学前に各ご家庭で準備や練習しておくといいと思った項目を挙げてみますね。

①自宅で一人での留守番の練習をしておく

留守番中に訪問者が来たらどう対処するか、夜になったらカーテンを引く事、など。
最初は短い時間から半日くらいは留守番できるようにしておいた方が良いです。
火の元への用心や、ある程度AV機器の扱い方は知っておいた方が良いかもしれません。

②自宅に鍵をかけたり、帰宅して開ける練習をしておく

鍵の施錠の練習はもちろん、普段鍵をどのように持たせるか、無くした場合はどうするか、など。
昨今の不審者報告の多さを聞くと、鍵っ子である個とを知られるのはリスクに感じます。
ですので、周囲に鍵を見せびらかさない等も言い聞かせが肝心です。
例えば、一見鍵入れとはわからないようなランドセルにつけるキーを入れるカバーがあるので、学校への登下校時に良いですね。

また、出かけるときには照明やエアコンのスイッチを切る事、などは意外に大事です。
我が家はよく全部つけっぱなし、とかちょくちょくありました・・・。

③もしもの時の連絡手段の確保

鍵を無くしたなどで自宅に入れなかったり、緊急で親に連絡を取る必要がある場合の連絡方法を確保した方が良いです。
我が家は就学前にキッズケータイを契約し、使い方を覚えさせました。
本当は親の電話番号くらい暗記した方が良いのですが、取りあえず両親と祖父母の電話番号を登録しました。

ドコモのキッズケータイは親のスマホ・ケータイ・パソコンからGPSで子供ケータイの場所を検索する事ができます。
他キャリアでも同様の機能があります。
小学校へ入学すると、子供だけで公園へ遊びにったり、我が家のように一人で習い事に行ったりし始めます。
そんな時、子供のおおよその場所がわかるって事は、便利ですし親の心配心を落ち着かせるアイテムです。

④ご近所に小学校にあがる事を知ってもらう

我が家は長女が就学するまではほとんど地域に関わってこず、隣近所くらいしか顔見知りの方は居ませんでした。
関連する記事はこちらを見て下さい。
子供を通して地域に溶け込む事&子供クッキング教室に参加しました!

お恥ずかしながら、子供が小学校に上がって初めて、地域の方々年齢関係なくお付き合いする事の必要性を感じました。
近所にはお年寄りの方が多いのですが、思った以上に子供を気にかけ、時折声を掛けて下さいます。
四季折々に庭で採れた果物をくれたり、こちらもうれしくてお返ししたり。
アニメ、サザエさんに出てくるような”裏のおじいちゃん”的な方もいて、ほっこりしますよ。
有事の際にはやはりこういった繋がりが非常に重要になってくると思います。
以来、我が家は積極的に地域の催しに参加し、どんどん子供たちを覚えてもらっています。

以上が、我が家が子供の就学時に必要と感じた点でした。
小1の壁、なんとかよじ登って超えて、いわゆる小4の壁まではたどり着きましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA