児童書「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズを追加購入。

小学校も3学期も、来週で終わりです。
あっという間の一年でした・・・

長女はいよいよ最高学年の小6。
親からしたら、突然成長しているわけではなく日々少しずつの成長なので、今も昔も変わらない気がしています。
でも、自分が小6の頃って、どうだったっけ・・・、と考えると、子供なりに色々考えていたことを思い出します。

なので、子供だと思っていた長女も、親顔負けの深い事を考えているのでしょう。
そう思うと、うれしい気持ちと、さみしい気持ちがムクムクと。
あー、絶対卒業式、泣いちゃうな~。

スポンサードリンク

さて、話は変わり子供にとって、いや大人にとっても読書は大事!と思っています。
子供が生まれてからずっとご無沙汰だった読書の時間が、最近持てるようになってきました。

昔から私は長編物の小説が好きで、学生時代はロードオブザリング(指輪物語)にはまっていました。

でも、その後読みたいと思って読み終えずに放置していた、ハリー・ポッターに今更はまってます。

きっかけは長女ですが、私だけ先に読み進めてはや第4話。
すでに昨夜読み終えてしまったので、早く次を買いたい。

基本的に子供が欲しがる書籍類は、仮に学習漫画のような「漫画」であっても惜しまず買う!というのをずうっとモットーにしています。
おかげさまで、私の母が遊びに来ると

母「まるで図書館みたいだね~」

と言われるくらい。
でも、私の母も父も姉も同じく読書好きで、どちらも家もまるで「図書館」。
でも、子供が巣立つとそれらの本の取り扱いも困るようで、最近は実家から私がもらい受けたりもしています。

3人の子供たち、長女は小さいころから読書が好きで今も好き。
結構な本を与えてきました。
中でも、ファンタジー系、推理小説系が好きなように見えます。

次女は最初は「読書しない子だな~」と思っていたら、最近はよく読むようになってきました。
彼女の場合は、伝記もの、図鑑系、学習漫画系が好きなようで、架空・空想系小説などはお好みではないみたい。
ちなみに小さいころからの愛読書籍・・・。

で、長男ですが、読書自体があまり、というかほとんどしない。
でも絵本が好きで、バムとケロシリーズは今でも見ていて、新しいシリーズあるらしい!と今でも欲しがります。
・・・もうすぐ小3なのにな・・・

そんな長男がちょっと前からはまっている「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズ。
どうやら小学校で置いてあって、人気のシリーズなんですってね。
漫画本ですが、もう何でもいい、絵本じゃなく文字を読んでくれれば!

やっぱりねぇ、長男の読解力がちょっと・・・というところが、日々のテストの結果から読み取れるのですよ。
得意な計算力があっても、読解問題で意図が読み取れないと、やはりミスが発生しますよね。

絵本大好き、いいと思います。
でも、絵本以外にももっと広げて行ってほしいなと思ってます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA