小3の1月 塾、申し込みました。

昨年春頃から行ってきた塾の選定。
秋にはほぼ決定し、冬期講習を経ての最終的決めた塾。
本日来年度 (新小4コース)の申し込みをしてきた。
にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
にほんブログ村

約1年以上掛けて、いくつかの塾の調査、中には短期講習に参加して、色々検討してきた。
事前調査やアポ取りは私、そして実際に赴いて先生方と面談をしたのは夫である。
母である私は自称、教育ママと言われてもおかしくないくらい、子供の教育に熱心だと思うし、
幼少期から「勉強大好き」という (夫からすると変人らしい)人間だ。

一方夫は、自身は楽な方へ~と流されて来た感じの学生時代であり、
今となっては「もっとちゃんと勉強しておけば良かった」という反省があるそうだ。
その分、子供にはそうなって欲しくないという強い思いがあり、どちらかというと教育パパかもしれない。

夫が子供に説いてた・・・
「将来なりたい仕事に就きたいときのために、今はきちんと勉強して、基本的には大学まで行った方が良い。
大学はもちろん勉強をする所だが、それだけじゃなくて、遊んだり、バイトしたり、旅行したり、
たまには友達とさぼったり (←夫はこればっか)、そういった事もする事も必要。
でも、大学へ行くよりも、高校を出て直ぐに始めた方が良いような仕事に就きたいと、本気で思うのであれば、高卒だっていい」

前半は概ね同意。
私は大学でも超楽しい♪と勉強基本だったので、絶対遅刻やさぼりはなかったのだが、
夫はさぼりまくりで (でも素敵な友人に恵まれて単位は落とさず・・・)、そこはちょっと、とは思うが。
だた、私は大学は絶対に行って欲しいと考えている。

というわけで、夫は受験・受検には賛成だが、某塾のような「低学年は詰込みです」というような塾は毛嫌いしており、
「正直に言いますと、公立中高一貫校の受検は受からない可能性も高いです。それでも将来的な
大学入試に向けた対策として、こういった公立中高一貫向けの勉強をして置くことは無駄ではないのです」
という塾の方に、心頭したのでした。

もともと我が家は私立受験は考えておらず、受けるなら公立のみ。
目的も一致しているので、私も納得の選択となったのです。
にほんブログ村テーマ 塾、予備校へ
塾、予備校

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA