親の脳みその衰え具合に愕然とする&基本をしっかりと

ある日の食後、PTA関連の書類を整理している横で遥香が塾の宿題に取り組んでいました。
現在算数は角度や平行線と角の関係をやっている模様。
前回のenaの模試結果から、思った以上に算数が苦手、と言う事が判明したのですが、さらに思った以上に理解が怪しい・・・
enaの模試の記事はこちら→「ena 都立県立中適性検査模試の結果が来ました。

スポンサードリンク

これからどんどん難しくなる算数~数学、今ここで取りこぼしてイカンのです。
そしてやはり「これわからない」という申告が次々と・・・。
PTAの不要な裏紙を使って、色々指導いたしました。
ところが、その中の最後の問題で、母の私の手が止まりました。

こんな図形で、アとイの角度を求めよ、ってやつです。
フリーハンドで書いたので汚くててスミマセン。

母「えー?こんなのがわからないの~?これもさっきと同じで・・・」

と説明しながらあれ?わかりそうで解らないような・・・。
回答を見ても、最終的な式しかなくて、確かにそうなんだろうけど、何故そうなるのか説明が出来ない!
で、たまたま早く帰宅した夫に丸投げ。

父「なんだ、これね。・・・・わかった。ちょっときてみ」

と説明を始めた夫。
というわけで先にお風呂を頂いていると、すぐに遥香が合流。

母「良く理解できた?」

遥香「なんかね、やっぱ解らないって」

母「そうか~、明日ママもう一度見直しするわ」

その日はいったん就寝し、翌朝すっきりした頭で再取組み。
実はここまでは、まあ解けるでしょ、と思っていたのですがやはり解けませんでした。
ああ、算数得意なんて思っていた私は小学生の問題も解けないくらい、衰えているんだ・・・と朝から実感。

と、ここで初めて問題を読みました。
初めて見る条件がそこに記述されていました。
「長方形に2本の直線が垂直にまじわっているとき」

 

垂直って書いてあるやん!!!

 

そう、昨夜から悩んでいた問題は、遥香の書いた図のみを元に解いていたのです。
そう、私も夫も問題をちゃんと見直しもしてなかったのです。
直線が垂直に交わるのならば、あっという間に解けますよね。

問題はちゃんと読みましょう (超基本)

 

即、遥香に説明&問題ちゃんと読むように (自分棚上げ)と伝えました。

遥香「すいちょく、って読めなかったんだもん」

・・・・ナルホド

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA