塾の講習と、宿題のラストスパート

夏休みも後半、塾の長期夏期講習に通う長女。
先生から指示された補講を受けるべく、午前中から通っています。
中学受検、受験の経験の無い、母からしたら「大変ね~、頑張ってるなぁ」と感心しています。

また、同じく経験の無い、且つ、高校生まで塾へ行ったことのない夫からすると

夫「大丈夫かなぁ、あいつ。かわいそうだ・・・

と、毎回涙でも流さんばかりに心配しています。

一方本人は、「時間ながっ!!」とは言いますが、毎日特に文句も言わず通っています。
普段学校へ通って、同じような時間学習しているんですものね。
家でゴロゴロするよりは、それなりに運動・刺激になってよいと、母は思っています。

スポンサードリンク

夏休みの宿題、毎年大きな画用紙に各人の課題と進捗をチェックするような表を作って、壁に貼っています。
そうする事で、”やらなくちゃ”、”やった、終わった”という気持ちを奮い立たせる狙い。

単純な我が家の子にはてきめんで、この進捗表にチェックを入れるためだけに、こんだけ頑張ってるんじゃないかと思うくらいの盛り上がり。
次女はここにきてラストスパートをかけて、すでに全部完了。
長男はあと残り5 %程。

さて、こういう単純なものに一番乗りやすい長女ですが・・・
小学校の宿題のうち、「漢字練習」だけがいつまでも残っています。

内容としては、出された漢字を使って、文章を作るという物。
そんなの辞書調べて書いたらいいじゃん、というのですが、

長女「先生も知らないような難しい熟語にしたいから

と。
担任の先生は、自ら漢字検定を受けるため、ずっと勉強し、この度合格したのだそうです。
そんな先生に”負けじ”と、なぜか対抗意識を燃やす長女でした。
意味不明、笑。

先日購入した漢和辞典↓

これを使って、早々に宿題終わらせてほしいです。
(まあ、これに載っている熟語は先生も知ってるけどね)

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

ではでは。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA