芽が出る葉っぱ、マザーリーフ?を育てる

ちょっと前の話ですが、遥香が学校で担任の先生に何やらは葉っぱを1枚頂いてきました。

実際に持って帰った葉っぱは、もっとペロッとしたなんか周囲から細かい毛?根が出てるなぁ、
と言った感じの物でした。

遥香「しばらく置いておけばいいんだって」

私「え?どこに」

遥香「机の上とかに」

私「え?土は?水は?」

遥香「いらないって。でもちょっとしたら土の上に置くんだよ」

私「え?置いとくだけなの?ナニコレ?」

遥香「忘れた」

私「そもそも、これどうしたの?」

遥香「先生にもらった」

私「・・・え?置いとくだけ?」

という無駄な会話を上記よりさらに続けてしまいましたが。
その後、上記の言葉通り、しばらくその辺に放っておかれていました。
ある日は机の上にあって邪魔なので、ピアノの上にとりあえず置いたり、
ある日は床の上に落ちていて可愛そうなので、遥香のラックの上に置いたり、
まぁ、私自身は園芸 (得意分野は庭木!)好きなので、なんとなく見守っていました。
にほんブログ村テーマ 園芸・ガーデニングへ
園芸・ガーデニング
にほんブログ村テーマ 花・趣味の園芸へ
花・趣味の園芸

2016年を終えた頃、いよいよ葉っぱからは根や葉?芽?が増え出し、

遥香「もう土に乗せたほうが良いんだって」

という新情報を貰ってきましたので、その通りに乗せてみました。
(後日遥香が土を被せたらしい)

葉っぱの周辺からさらに芽?葉?が出てきて、増えていくようです。
ここにきてようやく、今後この子 (葉の事ね)を育てるには、ちゃんと知識がないとダメだ、
と気づき検索してみました。

検索ワード【葉 芽が出る】 ←語彙力の陳腐さ

どうやらこれは、「マザーリーフ」とか「子宝草」とか「幸せの葉っぱ」とか「セイロンベンケイソウ」とかいうものらしいと判りました。
特に子宝草というだけあって、子宝に恵まれますようにというラッキーアイテム的にも扱われるそうですね。
昔はダイソーにも売っていた、という情報もありました。

遥香は毎日観察しては、霧吹きで水を遣ってみたり、土掛けてみたりしてます。
春になったら外に出すそうです。
我が家のはちょっと元気がない (放置しすぎたか)ですが、なかなか可愛い植物です。

こういう小さなきっかけをくれる先生っていいなぁ、とつくづく思います。
そういえば、私は中学生の時先生に「あなたにぴったりだ」と人体模型スーツを薦められましたね (遠い目)。

私もこれまでうん十年生きて来て、知らなかった新たな知識が一つ増えました。
子供を通して、まだまだ私も成長して行きたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA